本日2大会開催!「ONE FIGHT NIGHT 4」メインは王者計量失敗!「ONE 163」平田樹 計量失敗で試合中止!若松佑弥と品川朝陽は契約体重!

(C)ONE Championship
 日本時間本日11月19日シンガポール・インドアスタジアムで開催される「ONE FIGHT NIGHT 4」と「ONE 163」の公式計量が終わり、「ONE FIGHT NIGHT 4」のメインイベントONE MMAライト級王者クリスチャン・リーの挑戦を受けるONE MMAウェルター級王者キャムラン・アバソフが計量失敗で王座剥奪となり、クリスチャン・リーが勝利した場合のみ、新王者誕生という変則タイトル戦に変更。他2試合が契約体重に変更。
 そして日本人選手も多く出場する「ONE 163」では、平田樹が計量失敗、契約体重に対戦相手のハム・ソヒが同意しなかった為、試合中止となった。若松佑弥と品川朝陽/朝陽PKセンチャイムエタイジムも計量失敗で契約体重となった。
(トップ写真:計量クリアした「ONE 163」秋元皓貴 vs.ペッタノン、青木真也 vs.ザイード・イザガクマエフ、アウンラ・ンサン vs.岡見勇信)
※ONEでは水抜きによる急激な体重増減を禁止しており、規定体重をクリアしてもハイドレーション・テストをパスしないといけない。尿比重(尿中の水分と水分以外の物質の割合を算出した割合)が1.00250以下が基準上限とされ、1.0250以下は合格。1.0251以上の値は不合格となり、1日目または2日目に体重とハイドレーション・テストに失敗した選手は、大会当日朝にもテストを行うこととなっており、急激な水抜き減量ができない大会である。
※ONE北米(主要国:カナダ・アメリカ合衆国・メキシコ)進出の為、現地ゴールデンタイム(11月18日20:00)に合わせて今年8月からはじまった「ONE FIGHT NIGHT 4」は、北米のAmazon Prime Video会員は無料ライブ視聴が可能、その為「ONE on Prime Video 4」の大会名にもなっている。

◇大会の視聴方法
日本では、ABEMA TVでライブ配信される。
ONE Championship”APPでもライブ配信される。

■「ONE FIGHT NIGHT 4」
日時: 2022年11月19日(土)
現地時間: 2022年11月19日(土)
リードカード:現地9:00 日本10:00開始
メインカード現地:11:00 日本12:00開始
会場:シンガポール・インドアスタジアム

<メインイベント第9試合 ONE MMAウェルター級(77.2㎏– 83.9㎏)選手権試合⇒186.25ポンド(84.48㎏)契約 5分5R>
キャムラン・アバソフ(キルギス/王者)
 vs.
クリスチャン・リー(米国/ONE MMAライト級王者)
※クリスチャン・リーが勝利した場合のみ、新王者となる

<コーメインイベント第8試合 ムエタイ世界フライ級(56.8㎏-61.2kg)選手権試合 3分5R>
ロッタン・シットムアンノン(タイ/王者)
 vs.
ジョセフ・ラシリ(イタリア)

<第7試合 MMAバンタム級(61.3㎏–65.8㎏)⇒153.25ポンド(69.51㎏)契約 5分3R>
ビビアーノ・フェルナンデス(ブラジル)
 vs.
スティーブン・ローマン(フィリピン)
※両者計量失敗

<第6試合 ムエタイ・ウェルター級(77.2㎏– 83.9㎏) 3分3R>
コズモ・アレッシャンドリ(ブラジル)
 vs.
フアン・セルバンテス(英国)

<第5試合 MMAバンタム級(61.3㎏–65.8㎏) 5分3R>
ケビン・ベリンゴン(フィリピン) 
 vs.
キム・ジェウン(韓国)

リードカード
<第4試合 ムエタイ・バンタム級(61.3㎏–65.8㎏)⇒148ポンド(67.13㎏)契約 3分3R>
ジョナサン・ハガティー(英国)※計量失敗の為、契約体重
 vs.
ウラジミール・クズミン(ロシア)

<第3試合 MMAウェルター級(77.2㎏– 83.9㎏) 5分3R>
ルスラン・エミルベク(キルギス)
 vs.
イシ・フィティケフ(豪州)

<第2試合 グラップリング女子アトム級(47.7kg-52.2kg) 12分1R>
ダニエラ・ケリー(米国)
 vs.
マリア・モルチャノワ(ロシア)

<第1試合 ムエタイ・ライト級(70.4㎏-77.1㎏) 3分3R>
リアム・ノーラン(英国)
 vs.
エディ・アバソロ(米国)


■「ONE 163」
日時:2022年11月19日(土) 
リードカード:現地18:30 日本19:30開始
メインカード:現地20:30 日本21:30開始
会場:シンガポール・インドアスタジアム
・メインカード
<メインイベント第12試合 ONEキックボクシング世界バンタム級(61.3㎏–65.8㎏)選手権試合/3分5R>
秋元皓貴(日本/王者)
 vs.
ペッタノン・ペットフォーガス(タイ/同級3位)

<コーメインイベント第11試合 キックボクシング・ヘビー級(102.2㎏–120.2㎏) ワールドGP決勝/3分3R>
ロマン・クリキア(ウクライナ/王者)
 vs.
イラジ・アジズプール(イラン)

<第10試合 MMAライト級(70.4㎏-77.1㎏) 5分3R>
青木真也(日本/ライト級5位)
 vs.
ザイード・イザガクマエフ(ロシア)

<第9試合 MMAミドル級(84.0kg-93.0㎏) 5分3R>
アウンラ・ンサン(ミャンマー/元ONEMMAミドル級 & ライトヘビー級王者)
 vs.
岡見勇信(日本)

<第8試合 MMA女子アトム級(47.7kg-52.2kg) 5分3R>
ハム・ソヒ(韓国/アトム級2位)
 vs.
平田樹(日本)
中止
※平田の計量失敗

<第7試合 MMAバンタム級(61.3㎏–65.8㎏) 5分3R>
クォン・ウォンイル(韓国/バンタム級4位)
 vs.
マーク・アベラルド(ニュージーランド)
・リードカード
<第6試合 MMAフライ級(56.8㎏‐61.2㎏)⇒139ポンド(63.04㎏)契約 5分3R>
若松佑弥(日本/フライ級3位)※計量失敗の為、契約体重
 vs.
ウ・ソンフン(韓国)

<第5試合 MMAライト級(70.4㎏-77.1㎏) 5分3R>
アブラォン・アモリン(ブラジル)
 vs.
アフメド・ウジタバ(パキスタン)

<第4試合 ムエタイ・ストロー級(52.3㎏–56.7㎏)⇒126ポンド(57.15㎏)契約 3分3R>
ルイ・ポテーリョ(ポルトガル)
  vs.
品川朝陽/朝陽PKセンチャイムエタイジム(日本)※計量失敗の為、契約体重

<第3試合 キック・ヘビー級(102.2㎏–120.2㎏)  3分3R>
ブルーノ・シャベス(ブラジル)
 vs.
アフメド・クリッチ(ボスニアヘルツェゴビナ)

<第2試合 サブミッショングラップリング女子ストロー級(52.3㎏–56.7㎏)12分1R>
ミレーナ・カオリ(日本)
 vs.
ビアンカ・バシリオ(ブラジル)

<第1試合 MMAフェザー級(65.9kg–70.3kg) 5分3R>
キリル・ゴロベッツ(ウクライナ)
 vs.
ブルーノ・プッチ(ブラジル)