海樹リコが日高郁人からイグチボムを伝授、アマゾンSEAdLINNNGへ入団 5・13新宿FACE大会のXはアマゾン!

【海樹リコが日高郁人からイグチボムを伝授される!】

海樹リココメント

「5月13日新宿FACE大会に向けて日高さんにイグチボムを伝授して頂きました。日高さんは南月さんの師匠でもあり、イグチボムは南月さんも現役時代得意技として使われていたとお聞きしました。

そんな技を伝授して頂いたからには、自分もしっかり磨いて大切に使わせて頂きたいと思っております!

他にも練習を見て頂き、細かく指導して下さったりアドバイスを沢山くださいました!!

日高さんから頂いたイグチボム、そして練習でのアドバイスを活かして中島安里紗に勝ちに行きます!

自分はファンの時からずっと

中島安里紗とタイトルマッチをするのが夢でしたそして、中島安里紗からベルトを取るのが夢です!

当時高校1年生だった自分が中島安里紗に憧れてSEAdLINNNGに入門してデビューして。

中島安里紗とシングルマッチをしたり中島安里紗とタッグを組んだり。女子プロレスをしていく上でどんどん夢が叶ってる。

まさかこんなに早く中島安里紗とタイトルマッチが出来るなんて思っていなかった。

今までの結果、たしかに勝てないことの方が多いと思う。でも夢を夢のままで終わらせないのが自分だと思ってます。5月13日どんな手を使ってでも中島安里紗から勝利を掴み取ります。中島安里紗の腰からベルトを剥がしてSEAdLINNNGの新世代を築き上げます。

13日、皆様のご来場をお待ちしております。

会場で自分にエールをください!

応援よろしくお願いいたします!」

☆YouTube SEAdLINNNGチャンネルにて日高郁人選手のコメントが見られます↓

【アマゾンSEAdLINNNGへ入団。5・13新宿FACE大会のXはアマゾン!】

9日(月)14時よりSEAdLINNNG道場にて会見を開き、5・13新宿FACE大会に出場する選手が意気込みをコメント。ビヨンド・ザ・シー・シングル選手権試合の調印式も行なわれた。なお、この場で第3試合に出場予定だった山下りなのパートナーXは以前も来日経験のあるアマゾンであることが判明。同時にSEAdLINNNGへの入団も発表された。

■「SEAdLINNNG~新宿FACE大会~」
日時」2022年5月13日(金)18:00開場18:30開始
会場:東京・新宿FACE

<メインイベント SEAdLINNNG BEYOND THE SEA Single Championship 30分1本勝負>
(王者)中島安里紗 vs. (挑戦者)海樹リコ

中島安里紗コメント

「このベルトへの挑戦が決まった時に本当は正直、ベルトを獲ったら返上しようと思っていました。高橋奈七永が辞めて、世志琥も復帰したばかりで、団体内でこのベルトを懸けて戦えないなら一度このベルトを封印するべきなのかなと私は考えていました。でもまぁ自分の中でもいろんな葛藤があって水波綾か獲ったこのベルトをしっかり自分が巻いてこの団体を守っていくんだいう気持ちも込めてこのベルトを返上せずにチャンピオンとしてやっていこうと決めたおかげで中森華子との防衛戦があったり、つっか(藤本つかさ)との防衛戦が出来たりいろんなものがこのベルトに詰まってきました。そして今回、いつかこのベルトを懸けてリコと戦いたいと思っていましたが、思っていたよりも早くこうしてリコが挑戦してきてくれることが本当に素直に嬉しいし、このベルトを私がしっかり巻いていてよかったなと心から思います。自分にとってリコは特別な後輩で、すごく可愛いし、大切な後輩。だからいつかこのベルトは私の腰からリコがひっぺがしてくれる事を期待しているし、そうじゃなきゃいけないと思いますが、まぁそれは今じゃない。今じゃないので、強い、かっこいい中島安里紗として、海樹リコの前に立ちはだかりたいなと思います」

海樹リココメント

「2月21日に新木場で中島安里紗の持つこのベルトに初めて挑戦表明した時のお客さんの反応。ほぼ拍手もなく笑い声すら聞こえたあの会場を自分は忘れません。それから凄く悔しかった。負け続けてる自分の実力があのお客さんの反応に繋がったと思ってるし、しょうがないことなんだなと思ってしまった自分もいますが、その2ヶ月後の4月29日後楽園、自分が絶対勝たなければならなかった相手、川畑梨瑚から完璧な3カウントを取って再度挑戦表明した時、2月21日とは全く違うお客さんの反応。大きな拍手に包まれ、あぁお客さんにも認めてもらえた。これだったら中島安里紗にもと思いました。キャリアの差はリングの上では関係ないと思っています。いつまでも憧れで大好きな中島安里紗。そんなこと言ってられないので、このベルトを自分が巻いて、SEAdLINNNGの新世代を築き上げたいと思っております!」

<セミファイナル 6人タッグマッチ 30分1本勝負>

世志琥&水波綾&優宇(EVE)

vs.

松本浩代 &DASHチサコ(センダイガールズ)&高瀬みゆき

世志琥コメント

「どーも女子プロレスラー世志琥です。前回のタイトルマッチで負けてしまい本当に悔しかったんですけど、そんなボロボロな時に優宇がスーパーマンみたいに助けにきてくれて、自分が帰ってくるのをずっと待ってたと言ってくれて、負けてしまって落ち込んでいたのですが、これでまた新しSEAdLINNNGの景色を、刺激的な戦いを見せていける。と思いました。今回、水波さんと優宇と組ませていただくのですが、迫力もパワーあるし、凄く心強いパートナーなのでこの2人と新しいモノを、刺激的でワクワクするようなことをしていけたらなと思います!」

<第3試合 タッグマッチ 20分1本勝負>

朱崇花&笹村あやめ(2AW)

vs.

アマゾン&山下りな

アマゾンコメント

「私の名前はアマゾンです。私はSEAdLINNNGに入団できてとても嬉しい。私は世界的に最も最強な女子レスラーの一人。私はUPW、ACW、SWEの女子チャンピオンです。朱崇花はSEAdLINNNGのタッグチャンピオンかもしれないけど、私のコレクションにもう一つタイトルを追加して朱崇花を潰すかも!」

◯プロフィール

名前:アマゾン

身長:183cm

体重:80kg

出身地:英国イングランド・ロンドン

誕生日:1989年9月24日

デビュー:2007年(月日は不明)、イギリス・コストッセイ·コミュニティ·センター·ノーウィッチ、vsサラヤ・ジェイド・ベヴィス

トレーナー:ロビー・ブルックサイド

主なタイトル歴:アーティスト・オブ・スターダム王座、IPW:UK女子王座、IPW:UKタッグ王座(The Swords Of Essexとして) 、SWFレディース王座、WrestleForce女子王座。PWFレディースタッグ王座

◯発表前

<第3試合 タッグマッチ 20分1本勝負>

朱崇花&笹村あやめ(2AW)

vs.

山下りな&X

◯発表後

<第3試合 タッグマッチ 20分1本勝負>

朱崇花&笹村あやめ(2AW)

vs.

アマゾン&山下りな

<第2試合 ハイスピード3WAYマッチ>

青木いつ希(ショーンキャプチャー) vs. 川畑梨瑚(T‐HEARTS) vs. 大空ちえ(PURE-J)

※レフェリー 南月たいよう

<第1試合 シングルマッチ 20分1本勝負>

真琴 vs. 神姫楽ミサ(JTO)

※神姫楽選手はSEAdLINNNG初参戦

[チケット料金]

■dシート(リングサイド)¥8,000

■カウンターdシート(大会限定お土産付)¥9,000 ※売切れ

■REDシート ¥6,000

■YELLOWシート ¥4,000

■dフレンズシート(高校生以下) ¥1,000 ※要身分証(REDシート・YELLOWシートに適用)

dフレンズシート以外当日¥500アップ

※入場時ドリンク代別途¥500

[主催]

株式会社SEAdLINNNG (seadlinnng.com)

[メール]

info@seadlinnng.com

[チケット販売所]

□SEAdLINNNG通販サイト https://seadlinnng.buyshop.jp/

□イープラス http://eplus.jp/sead/ (PC&携帯)ファミリーマート店内Famiポート※4/19〜5/10迄

▼dフレンズシートのお申込みはこちらのメールフォームから!

http://seadlinnng.com/ticketform

[会場アクセス]

〒160-0021東京都新宿区歌舞伎町1-20-1 ヒューマックスパビリオン新宿歌舞伎町7F

TEL 03-3200-1300

新宿駅東口より徒歩5分


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼スターダム大田区満員で大阪城&両国へ 集客で新日G1首都圏開幕戦に圧勝

[ファイトクラブ]スターダム大田区満員で大阪城&両国へ 集客で新日G1首都圏開幕戦に圧勝

’22年05月05日号新日AEW石井アスカRAW 全日DG後楽園 藤原祭 ノア大谷晋二郎 PS両国

’22年05月12日号AZMシンデレラMIRAI 福岡ドーム 小島聡ノア Rizin大仁田Gladiator