ディオナ・プラゾが王座防衛!Impact Wrestling


(C)TNA

 8月25日(現地時間・放送日)に『Impact Wrestling』が放送された。
 女子王座であるノックアウト王座戦は、なんとアイアンマンで行われる事となり、王者ディオナ・プラゾがジョーディン・グレイスの挑戦を受けた。女子同士だが、共にスタミナ満点で白熱した勝負となり、まずはグレイスが後ろからプラゾを捕えがっちりチョークを極めて先取。しかし続く二本目、レフェリーが仕合に巻き込まれて昏睡状態になり、その間にグレイスがグレイスドライバーでカバーするがレフェリー不在なので幻のフォールとなってしまったのだった。そしてプラゾが息を吹き返してレフェリーを起こして二本目を奪い、更に三本目もサブミッションを極めて勝利。王者プラゾが逆転で王座防衛を果たした。
 またWWEからインパクト・レスリングに舞い戻ったブライアン・マイヤーズは復帰戦でいきなりインパクト世界王者エディ・エドワーズに挑戦し、惜しくも敗れたが、復帰2戦目は前Xディビジョン王者であるウィリー・マックと対戦した。こちらも白熱した試合展開となったが、最後はマイヤーズがフォール勝ちして、インパクト・レスリング復帰二戦目で勝利を飾った。
 そのインパクト世界王者のエドワーズは番組冒頭で次の挑戦者を募ったところ、レジェンドであるが、現在色ぼけしているロブ・ヴァン・ダムが名乗りを上げた。試合は王者エドワーズが必殺のボストン・ニーパーティーでヴァン・ダムからフォール勝ちをして仕留め王座防衛。しかし試合後、エドワーズを抗争中のエリック・ヤングが襲ったのだった。ヤングはエドワーズの王座へ挑戦する事を宣言。遂に因縁の相手を挑戦者としてエドワーズは王座戦を行う事となりそうだ。

■ Impact Wrestling
日時:2020年8月25日(現地時間・放送日)
場所:アメリカ合衆国会場非公開

<ノックアウツ王座アイアンマンタイトルマッチ>
○ディオナ・プラゾ(王者)
 2-1
●ジョーディン・グレイス(挑戦者)

<シングルマッチ>
○ブライアン・マイヤーズ
●ウィリー・マック

<インパクト世界王座タイトルマッチ>
○エディ・エドワーズ(王者)
 ピンフォール
●ロブ・ヴァン・ダム(挑戦者)