テリー&マスカラス愚連隊 東京ドーム分析 榊原信行 Kパテラ 貴闘力 Pan地上波 最強タッグ全日 WAVE仙台BJW ROH~マット界舞台裏12月18日号

 巻頭ではいよいよ目前に迫った、新日本プロレス1・4東京ドーム大会の対戦カード発表に伴い、その舞台裏や大胆予測を行っている。
 スーパー外国人列伝、今回はケン・パテラ。パテラと言えば、全日本プロレスのマットで公開したスゥイング・フルネルソンは衝撃的であった。新日本のマットでは、猪木のNWFに挑戦し、高熱で体調不良の猪木を苦しめた試合が印象深い。米国では、マサ斉藤と共に、警官相手に大暴れした事件が物議を醸したが、今回はその真相にも触れている。
 今号は何と言っても、大会レポートが充実している。
 先ずは、12・6リアルジャパン後楽園大会は野口卓也カメラマンが激写。大会終了後、駐車場でブードゥーマターズが大仁田を急襲した現場もバッチリと押さえている。
 12・6全日本プロレス大阪大会は藤井敏之記者がレポート。最強タッグ決勝戦は勿論だが、大仁田と渕の絡みは、昭和のファンにとって感慨深い。藤井記者は大会終了後、三冠王者ジョー・ドーリングと飲みに行ったようで、その時の模様にも触れている。
 松橋隆樹カメラマンは、12・7仙台で行われたWAVE(昼)、大日本プロレス(夜)のダブルヘッダー。強い逆行スポットライトの悪条件下で、光を逆利用し美しい写真に仕上げているのは流石である。アブドーラ小林のアイスバケツチャレンジもバッチリと押さえてある。
 国内ばかりでなく、12・7ROHのマンハッタン大会はScoot Finkelsteteinが写真提供。迫力の写真の数々は見応え充分。こういったコネクションがマット界舞台裏の強みであろう。
 マスカラス、テリーが登場した、12・11東京愚連隊、後楽園大会は自分がレポート。大会翌日の発売日にねじ込んだ。大会自体はファンはもとより、参加レスラー達もレジェンドのオーラを官能したようだが、何よりも、大会レポートした自分自身が最高に、満喫させて頂いた。
Fb.ワールド・レスリング・アライアンス 斉藤雅治

販売告知
東京ドーム分析 榊原信行 Kパテラ 貴闘力 Pan地上波 最強タッグ全日 WAVE仙台BJW 愚連隊 ROH~マット界舞台裏12月18日号

wkbutaiura076MixCoverマット界舞台裏12月18日東京ドーム榊原信行Kパテラ貴闘力Pan最強WAVE仙台BJW愚連隊ROH