見どころ解説~3・31ONE Championship日本大会の全カード決定!

 団体より全カードが発表された。以下、日本広報よりのリリース文

「ONE:A NEW ERA-新時代-」のメインカードは、ONEライト級世界王者のエドゥアルド・フォラヤンと、元同世界王者で、日本格闘技界のレジェンド・“跳関十段”の青木真也の因縁の対決。再びONEライト級のタイトル争いに復帰した青木が、2年ぶりの王座奪還を目指します。

 ONEストロー級女子世界王者のション・ジンナンと、同アトム級女子世界王者のアンジェラ・リーの対戦は、2017年12月にジンナンがONEに参戦以来、常に噂されていた話題の対戦カードです。体重を増やし、階級を上げたアンジェラ・リーがONEで史上初めての女性による二階級制覇に挑みます。

 ONEミドル級と同ライトヘビー級の現王者であるアウンラ・ンサンは、ミャンマーの国民的なヒーローです。ンサンと挑戦者である長谷川賢の対戦は、今回で2度目。2016年の初対戦では、2018グローバルマーシャルアーツアワードのバウト・オブザイヤーに選出されるほどの大激戦を5Rに渡り繰り広げた末、ンサンが勝利。二人の再戦は、間違いなく熱い戦いになるでしょう。

 バンタム級世界タイトルマッチは、ケビン・べリンゴンとビビアーノ・フェルナンデスの戦い。2人の初対戦は2016年。フェルナンデスのスピードに圧倒され1Rで敗れたへリンゴンは、6連勝の末、王者挑戦権を獲得し、2018年11月に開催された「ONE:HEART OF THE LION」で両者の再戦が実現。2戦目はベリンゴンが2-1の判定で勝利し、リベンジを果たしました。両者の通算成績1勝1敗。雌雄が決まる注目の1戦です。

 上記4つのタイトルマッチに加えて、幾度となく世界の頂点に立った絶対王者のデメトリアス・ジョンソンと、日本で格闘家としての名をあげたエディ・アルバレスがONEに初参戦します。
 数々の団体で王者に君臨してきたアルバレスは、昨年10月にONEへの参戦を表明。ONEライト級GPの準々決勝でロシアのティモフィ・ナシューヒンと対戦し、早くも世界王者の座を狙います。

 同じく、昨年の10月後半に参戦を表明した、現在世界最高の格闘家と評されている史上最強のファイター、デメトリアス・ジョンソンは、ONEフライ級GPの準々決勝で日本の若松佑弥(“リトルピラニア”)と対戦します。

 更に、「ONE Super Series」では、アンディ・サワーとムエタイの生きる伝説、ヨードセングライ・フェアテックスが激突します。
 クアラルンプールで開催された「ONE:DESTINY OF CHAMPIONS」で、対戦相手のルイス・レジスを大歓声の中、アッパーカットで下したヨードンセグライと、2度のK-1 World MAX王者に輝くなど、日本でも絶大な人気を誇るサワーが対戦する注目の一戦です。

 ONEフライ級GPトーナメント準決勝では、フィリピンのダニー・キンガド(“ザ・キング”)が元タイトル挑戦者であるアンドリュー・レオーネと、和田竜光(“ザ・スウィーパー”)が、キャリア無敗のブラジル人・イヴァニルド・デルフィノと対戦します。

 また、カザフスタンの元ONEフライ級世界王者のカイラット・アクメトフ(“カザフ”)は、オーストラリア出身の元同タイトル挑戦者、リース・マクラーレン(“ライトニング”)と対戦します。

 日本の V.V.Meiは、ONE初参戦となるロシアのクセニア・ラチコバと対戦します。ONE女子アトム級世界タイトルの最有力候補の呼び声も高いラチコバが、直近5試合のうち、4戦で勝利を収めており、日本での凱旋試合となるMeiを迎え撃ちます。

 インドネシアのジャカルタを活動拠点にしているアンソニー・エンジェレン(“ザ・アーチエンジェル”)は、元 IBJJF World Champion、2度のIBJJF World No-Gi Champion、そして4度のEddie Bravo Invitational Championなど、数多くの世界大会を制した実力者、寝技師のゲイリー・トノン(“ライオンキラー”)に挑みます。昨年デビューからすでに3勝を飾り、4連勝を目指すアンソニーと、昨年ONEの戦線に復帰し、ミース・メウと、ジミー・ヤーボを破った勢いのままタイトル挑戦者争いへの復帰を目論んでいるエンジェレンとの注目の1戦です。

 ムエタイの世界選手権を2度制し、数々の強敵を倒してきた偉大なムエタイ選手ロッタン・ジットムアンノン(“アイアンマン”)は、強力な打撃を武器に、ONE参戦後も結果を残しています。一方で、対戦者のハキム・ハメッシュも 2度のムエタイ世界王者となった実力者。ハキムは2018年の「ONE Super Series」の小笠原裕典戦で鮮烈なKO勝ち収めて印象を残しました。ONE世界王者のタイトルに一歩近づく選手を決める大事な 1 戦です。

「ONE Super Series」2つ目のカードは、2度のムエタイ世界王者の実績を誇るキプロス共和国のパニコス・ユセフと、マレーシアのモハメド・ビン・マムード(“ジョーダン・ボーイ”)が対戦。更には、2018年1月にオーストラリアのジョシュ・トナー戦でインパクトを残した秋元皓貴が、イタリアの元ムエタイ世界王者であるジョセフ・ラシリを倒し、「ONE Super Series」優勝を狙います。

 韓国のユン・チャンミンはインドのバラ・シェッティーに挑みます。

■ ONE Championship: A New Era
日時:3月31日 14:30開場 15:30開始
会場:東京・両国国技館

チケットは公式サイト(www.onefc.com)及び、
LINE チケット(https://ticket.line.me/sp/ONEChampionship,)、
チケットキョードー (https://www.kyodotokyo.com/ONE_tokyo)、
チケットぴあ (https://t.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1860988&rlsCd=001&lotRlsCd=)、
ローソンチケット (https://l-tike.com/sports/mevent/?mid=403530)、
e+(イープラス)(https://eplus.jp/sf/detail/2827750001) の各社プレイガイドでご購入いただけます。
なおチケットは VVIP 席、A 席が完売しているほか、その他 SS 席、マス席、B 席も残り僅かとなっております。

<ONE世界ライト級(※77.1キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]エドゥアルド・フォラヤン(フィリピン)
vs.
[挑戦者]青木真也(日本)

<ONE世界女子ストロー級(※56・7キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]シィォン・ヂィンナン(中国)
vs.
[挑戦者]アンジェラ・リー(米国)

<ONE世界ミドル級(※93.0キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]オンラ・ンサン(米国)
vs.
[挑戦者]長谷川賢(日本)

<ONE世界バンタム級(※65.8キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]ケビン・ベリンゴン(フィリピン)
vs.
[挑戦者]ビビアーノ・フェルナンデス(ブラジル)

<ONEフライ級(※61.2キロ)ワールドGP準々決勝/5分3R>
デメトリウス・ジョンソン(米国)
vs.
若松佑弥(日本)

<ONEライト級(※77.1キロ)ワールドGP準々決勝/5分3R>
エディ・アルバレス(米国)
vs.
ティモフィ・ナシューヒン(ロシア)

<キック72キロ契約/3分3R>
ヨーセングライ・IWE・フェアテックス(タイ)
vs.
アンディ・サワー(オランダ)

<ONEフライ級(※61.2キロ)ワールドGP準々決勝/5分3R>
ダニー・キンガド(フィリピン)
vs.
アンドリュー・レオーネ(米国)

<ONEフライ級(※61.2キロ)ワールドGP 準々決勝/5分3R>
和田竜光(日本)
vs.
イヴァニウド・デルフィーノ(ブラジル)

<ONEフライ級(※61.2キロ)ワールドGP準々決勝/5分3R>
カイラット・アクメトフ(カザフスタン)
vs.
リース・マクラーレン(豪州)

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
V.V Mei(日本)
vs.
クセニア・ラチコワ(ロシア)

<フェザー級(※70.3キロ)/5分3R>
ゲイリー・トノン(米国)
vs.
アンソニー・アンゲレン(オランダ)

<ムエタイ・フライ級/3分3R>
ロッタン・ジットムアンノン(タイ)
vs.
ハキーム・ハメック(フランス)

<ムエタイ・バンタム級/3分3R>
パニコス・ユーサフ(キプロス)
vs.
モハマド・ビン・マフムード(マレーシア)

<キック・フライ級/3分3R>
秋元皓貴(日本)
vs.
ヨゼフ・ラシリ(イタリア)

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
ユン・チャンミン(韓国)
vs.
バラ・シェッティー(インド)



《ONE Championship™について》
 ONEチャンピオンシップ -ホーム・オブ・マーシャルアーツ
 ONEチャンピオンシップは、歴史上アジア最大の世界的なスポーツメディアであり、アジアの偉大な文化財であり、そしてその誠実さ、謙虚さ、名誉、尊重、勇気、規律、思いやりを大切にするアジアの価値観を祝うものです。ONEチャンピオンシップは、ムエタイ、キックボクシング、総合格闘技、空手道、シラット、散打、ラウェイ、テコンドー、サブミッショングラップリングなど全ての格闘技を網羅する世界最大の格闘技団体です。

 私たちの使命は、希望、夢、インスピレーション、その力で世界に火をつけるスーパーヒーローを世に解き放つことです。歴史上、最も偉大な世界チャンピオンの大半は、彼らの夢を達成するために計り知れない貧困、途方もない逆境、言葉に表せない悲劇を乗り越え、実現不可能な夢を可能にしてきました。 私たちは彼らスーパーヒーローを世界に知っていただき、何十億もの人々を鼓舞したいと考えています。メディアの力とストーリーテリングの魔法を駆使して私たちはロールモデルを生み出し、価値観を賞賛し、夢を叶え、国家を震わせるような力を持って、世界を変えていきます。

 ONE は、アジア最大規模のグローバルスポーツメディアです。ユニークなアジアブランド、世界トップクラスの選手、世界的なプロダクションでアジア最高テレビ視聴率とソーシャルメディアエンゲージメント指標を達成しました。 
 ONEは、アジア全域で最も象徴的な都市最大のスタジアムで開催 138 カ国 17 億人の視聴者を獲得しています。我々の究極のビジョンは、24 時間アクセス可能で、年中無休のプラットフォーム(無料テレビ、有料テレビ、デジタル、ソーシャルなど)とデバイス(TV、コンピュータ、モバイルなど)を駆使したコンテンツを提供することです。

 ONE Championship には Disney、Marvel、LG、Sony、Facebook、Haier、Kawasaki、L’Oreal、Casio、Bayer などの優良企業を含む、Fortune 500 の企業がスポンサーについています。アジアは五千年もの間、脈々と受け継がれる武道の歴史があります。私たちの歴史、文化、伝統、価値観、そして英雄達の力で大陸を一つに統合する時が来ました。私たちの夢は、アジア 44 億人を結集し、大陸で最も大きな文化財を全ての人達と共に築き上げていく事です。

 私たちはひとつ(ONE)です。

 2019年3月31日(日)には、東京・両国国技館で日本初となる「ONE: A NEW ERA -新時代-」が開催されます。

《ONE の最新情報はこちらから》
ONE Championship 公式サイト: http://www.onefc.com
ONE Championship 公式 Twitter:https://twitter.com/onechampionship
ONE Championship 公式 Facebook: https://www.facebook.com/ONEChampionship
ONE Championship 公式 Instagram: https://www.instagram.com/onechampionship/


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼RR4連戦直前_再び”日本最弱”からのONE修斗_WWE新日AEW駆引き

[ファイトクラブ]RR4連戦直前_再び”日本最弱”からのONE修斗_WWE新日AEW駆引き

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年02年28日号馬場20周年 マスターズM斎藤 Z1爆破 飯塚引退 WWE 我龍 ラウェイ