« REINA×WORLD 羽柴まゆみ入団決定!! | メイン | 10・23 THAI FIGHT トーナメント1回戦 ブアカーオ貫禄のKO勝ち 日本期待のTOMOYUKI一回戦突破快挙 »

ブラソ・デ・プラタと“日本の親戚”ブラソ・デ・ボノが東京愚連隊と激突!11・7『LUCHA FIESTA 2012』

121011UDposter.jpg 23日、ウルティモ・ドラゴンが東京シティ・エアターミナルで記者会見を行い、『LUCHA FIESTA 2012〜ウルティモ・ドラゴンデビュー25周年記念大会〜』11・7後楽園ホール大会の追加対戦カードを発表した。

“謎の親戚”ブラソ・デ・ボノが登場

 セミファイナルはブラソ・デ・プラタ&ブラソ・デ・ボノvsNOSAWA論外&MAZADAに決定した。メキシコルールの45分3本勝負で行われる。

 10月5日の記者会見に乱入し、出場を直訴した論外だったが、ウルティモはそれ以前から論外を出場メンバーにピックアップしており、対戦させたいと考えている選手がいた。それが、日本でも人気の兄弟タッグチーム『ブラソス』の1人、ブラソ・デ・プラタだ。

 論外は2006年5月13日にアレナ・メヒコで開催された『ドラゴマニア』において、ブラソスと対戦した経験がある(対戦カードは論外、MAZADA、竹村豪氏vsブラソ・デ・オロ、ブラソ・デ・プラティーノ、パッション長谷川)。その時は相手チームにプラタはいなかっものの、東京愚連隊とブラソスの対戦で場内は盛り上がり、ウルティモが「これまでのメキシコでの闘龍門自主興行の中で一番沸いた凄まじい試合」と評するほど。それを日本で再現したいという考えもあって、今回の対戦カード決定に至った。

 論外は決定前から「おひねり」を期待する発言に終始していたが、気になるのはプラタのパートナーであるプラソ・デ・ボノの存在。プラタは「日本にいる親戚とタッグを組む」と語っていたらしい。“ボノ”という名前からはあの元・横綱が想像されるが果たして…。ウルティモは「誰でしょうね? 兄弟だと言っているんですけど、たぶん違うと思います。何とも言いようがないので。これは当日のお楽しみでいいんじゃないですかね」と語るに留まった。

ハヤトと中嶋の対戦にウルティモも注目

 また、もう1試合、ウルティモが「個人的に注目しているカード」として、フジタ“Jr
”ハヤト&Ken45°vs中嶋勝彦&梶原慧の一戦も決定した。

 ハヤトと中嶋は因縁浅からぬ関係にある。共にキックを得意としており、ハヤトのデビュー戦の相手も中嶋が務めた。さらに、今年の4月15日に開催されたDIAMOND RING北沢タウンホール大会では、当時中嶋が保持していたGHCジュニアヘビー級王座をかけて両者は激突。この時は中嶋が激しい打撃戦の末、勝利している。

 大会名が『LUCHA FIESTA』であることからも分かるように、今大会は本場メキシコさながらのルチャ・リブレを再現するのがテーマとなっている。ただ、ウルティモは「たぶん今回の興行で一番ガチガチな部分を見せてくれる気がします。他のカードはお祭り的なイメージがありますけど、この試合はかなりシビアな戦いになるでしょうから、興行の中の1つのスパイスとして非常に期待しています」とこの試合に期待感を示した。

訳の分からないところがルチャ・リブレの魅力

 メインイベントのウルティモ・ドラゴン&ラヨ・デ・ハリスコJr.&ザ・グレート・サスケvsウルティモ・ゲレーロ&ブラック・タイガー&大原はじめは、60分3本勝負で、「キャプテン、または残りの2人が敗れると1本奪取」となるオーストラリア式タッグマッチのルールで行われる。そして今日発表になったセミファイナルもメキシコルールが採用された。

 ウルティモが「メキシコに25年いる自分でも何が何だかよく分からないところがある」と言うほど日本でもあまり馴染みのない変則的なルールとなるが、「日本のプロレスは勝負論が前提にありますけど、そういうロジックから凄く外れていると思うんですよ。でも、メキシコのルチャ・リブレって“訳の分からないところが魅力”というのもあるじゃないですか。“日本でやっているプロレスとはちょっと違うな”“こういうプロレスもあるんだな”“こういう価値観もあるんだな”って思える試合を観てもらいたいですね」とあえてそんなルールを採用した意図を説明した。

 マリアッチの生演奏、在日メキシコ人の招待、試合後のおひねりの呼び掛けなども行われ、メキシコにあるルチャ・リブレをそのまま直輸入した内容になる今回の興行。さらに、ハヤトvs中嶋の絡みや大物の参戦が噂される時間差バトルロイヤル『ドラゴンスクランブル』(参加選手は当日発表)などアクセントとなる試合も組まれており、プロレスの魅力が詰まったウルティモらしい興行になりそうだ。

121022UD.jpg

■ LUCHA FIESTA 2012〜ウルティモ・ドラゴン デビュー25周年記念大会〜
日時:11月7日(水) 開場/17時30分 試合開始/18時30分 
会場:後楽園ホール
主催・制作:TORYUMON S.A. de C.V. 『LUCHA FIESTA2012』実行委員会
後援:在日メキシコ大使館
特別協力:e+ イープラス
お問合せ:問合せ事務局  03-3833-3662

席種・料金:
VIP席(最前列/2大特典付):25,000円
【VIP席 2大特典内容】
.Ε襯謄モ・ドラゴン直筆サイン入り「メキシコ製25周年記念限定レプリカマスク」
▲Ε襯謄モ・ドラゴン直筆サイン入り「メキシコ製ソンブレロ」
ドラゴンシート(2列目〜3列目/2大特典付):12,000円
【ドラゴンシート 2大特典内容】
.Ε襯謄モ・ドラゴン直筆サイン入り「メキシコ製25周年記念限定応援マスク」
◆屮瓮シコ製ウルティモ・ドラゴン25周年記念限定Tシャツ」

RS席:7.000円 /S席:5.000円 /A席:3.000円

チケット販売所
【発売中】
e+(イープラス) :  http://eplus.jp/ud/(パソコン&携帯)
ファミリーマート各店
電子チケットぴあ  0570-02-9999(Pコード:822-198)、
チケットぴあ店頭及び、サークルK・サンクス各店、
http://t.pia.co.jp/ (PC&携帯共通)、
ローソンチケット   0570-084-003、(Lコード:37927)、
ローソン各店、 (http://l-tike.comPC&携帯共通)
CNプレイガイド 0570-08-9999、http://www.cnplayguide.com/

【対戦発表カード】
<メインイベント 6人タッグマッチ>
ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)、"稲妻仮面二世"ラヨ・デ・ハリスコ Jr(獲得タイトル-NWA世界ライトヘビー級王座/メキシコナショナルヘビー級王座/メキシコナショナルタッグチーム王座/メキシコナショナルトリオ王座/CMLL世界トリオ王座)、ザ・グレート・サスケ(みちのくプロレス)
vs.
ウルティモ・ゲレーロ(CMLL)、ブラック・タイガー(フリー)、大原はじめ(WNC)

<セミファイナル メキシコルール 45分3本勝負>
ブラソ・デ・プラタ(CMLL)&ブラソ・デ・ボノ
vs.
NOSAWA論外(東京愚連隊)&MAZADA(東京愚連隊)

<タッグマッチ>
フジタ“Jr”ハヤト(みちのくプロレス)&Ken45°(みちのくプロレス)
vs.
中嶋勝彦(DIAMOND RING)&梶原慧(DIAMOND RING)


<ドラゴンスクランブル(時間差バトルロイヤル)>

<タッグマッチ>
A☆YU☆MI&RAY
vs.
GAMI&飯田美花

他2試合、計7試合を予定。
【他出場選手】
つぼ原人、南野タケシ、卍丸、
ツトム・オースギ、ヘラクレス千賀、他


【友情出演】
アントニオ古賀 様
【特別協賛者】
三遊亭円楽 様
苫米地 英人 様

会見の全長版はマット界舞台裏11月1日号IGF週プロMグラハムJブラトニックDG配信+谷川DEEP60DREAMに収録されました。お楽しみください。

デビュー25周年記念後楽園ホール大会開催発表
"稲妻仮面二世"ラヨ・デ・ハリスコJr.参戦
NOSAWA論外がブラソ・デ・プラタと対決
ウルティモ・ゲレーロらが来襲

週刊マット界舞台裏'10年4月08日号〜3・22プロレス秘密基地シークレットベース横浜赤レンガ大会ウルティモ清水基嗣師弟対決
別冊ミルホンネット 10.7.19海の日の灼熱・情熱・白熱Lucha Fiesta寺内1/2兵衛+FACE OFF
別冊ミルホンネット 昭和郷愁 初代タイガー 長州 藤波 マスカラス エル・アミーゴ Maniax

週刊マット界舞台裏'11年3月10日号 NOSAWA論外事件でマット界が治外法権であることが証明される
週刊マット界舞台裏'11年3月03日号 問題提起:NOSAWA論外 窃盗容疑逮捕余波の日本マット界稚拙
週刊マット界舞台裏'10年10月21日号 NOSAWA論外15周年記念興行
マット界舞台裏5月31日号オカダ不安ノア秘策哀社長揶揄SF蹴拳天龍プロジェクト森谷俊之

About

2012年10月23日 20:18に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「REINA×WORLD 羽柴まゆみ入団決定!!」です。

次の投稿は「10・23 THAI FIGHT トーナメント1回戦 ブアカーオ貫禄のKO勝ち 日本期待のTOMOYUKI一回戦突破快挙」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。