« Archive厳選集6インリン様引退2008年前半 リアルジャパンSTRONG IMPACT NPW 別冊WNC REINAxWORLD 大日本最侠タッグ〜マット界舞台裏10月4日号 | メイン | 日本で活躍した外人レスラー ナンバーワンはやっぱりスタン・ハンセン! »

キング・モー、TNAでプロレスデビュー決定〜9・28ベラトール74速報

120929KingMo.jpg

 日本の戦極マットで活躍、その後、北米に活躍の場を移し、第4代ストライクフォース世界ライトヘビー級王座に輝いたキング・モー。その陽気なキャラクターもあって、日本でも大人気だった事は記憶に新しい。

 そのキング・モーだが、ストライクフォースから、ベラトールFCへ移籍、ベラトールFCは来年からあのUFCがブレイクするきっかけとなった北米のTV局スパイクTVで放送(今年1年間はUFCとの契約で他のMMA大会の放送が出来ない為)する事になっている。このスパイクTVはケビン社長がプロレス・格闘技の熱心なファンで、現在もハルク・ホーガン、スティングという絶大な知名度を誇るスター選手が所属、WWEに次ぐプロレス団体であるTNAを毎週放送しているほか、来年からは新生K-1の放送も開始する予定だ。ベラトールにしても、ケビン社長が働きかけ、スパイクTVの親会社、バイアコム社(アメリカのメディアグループ。MTVをはじめとするケーブルテレビ局向けチャンネル事業、およびパラマウント映画を傘下に持つ)にベラトールFCを買収させており、来年からは、ベラトールFCの放送をスタートさせる。その目玉としてキング・モーを起用する予定なので、今年いっぱいは試合は行わない。その代わり、同じくスパイクTVで放送しているTNAでプロレスラーとして今年いっぱいは試合をさせる事になっており(プロレスの試合なので、キング・モーの試合がスパイクTVで放送されてもUFCとの契約違反にはならない)、キング・モーはブラザー・レイ、ディーボン(ダットリーズ、チーム3D)の元でプロレスの練習を行っていた。

120929tna.jpg
(C)TNA

 そのキング・モーがいよいよプロレスデビューする事が、9月27日(現地時間)放送のTNA『Impact Wrestling』のオープニングで番組のGM(ゼネラル・マネージャー)であるハルク・ホーガンから発表された。そして、28日(現地時間)にMTV(スパイクTVと同じくバイアコム傘下)で放送された『ベラトール74』でも再度、ホーガンのマイクアピールが放送され煽られている。プロレスはまったくやった事のないキング・モーが、来週、どういった試合を行うのか注目だ。

 また、その『ベラトール74』ではウェルター級トーナメントの1回戦が開催され、日本でも活躍した桜庭和志、桜井"マッハ"速人を倒しているマリウス・ザロムスキーも参戦しており、判定勝ちで準決勝にコマを進めた。


■ ベラトール 74
日時:9月28日
場所:アメリカ ニュージャージー州アトランティックシティ

<ウェルター級トーナメント 1回戦>
○ライマン・グッド
 判定 3-0
●ジム・ウォールヘッド

<ウェルター級トーナメント 1回戦>
○マリウス・ザロムスキー
 判定 3-0
●ノーディン・タレブ

<ウェルター級トーナメント 1回戦>
○ミハイル・サレフ
 2R 1分57秒 チョークスリーパー
●ティム・ウェルチ

<ウェルター級トーナメント 1回戦>
○アンドレイ・コレシュコフ
 判定 3-0
●ジョーダン・スミス

【SRC(戦極)の資料充実】
週刊マット界舞台裏'11年2月17日号 SRC中止問題
▼ドンキ提供戦極SRCに何が起こったのか?  4月大会中止発表の裏を紐解く
 by タダシ☆タナカ

090813sg9cover9.jpg
戦極の威厳と憂鬱 第九陣徹底検証レポート

miruhonnet060-460.jpg
別冊ミルホンネット 大晦日決算10年の残酷 戦極SRC CPE Dynamite!!2010

別冊ミルホンネット 格闘百花繚乱7.3DEEP48 7.4パンクラス修斗SRC ASIA
週刊マット界舞台裏'10年7月01日号〜6・20SRC13両国国技館大会
別冊ミルホンネット 格闘百花繚乱 ASTRA パンクラス SRC K-1MAX NJKF
別冊ミルホンネット 3・7SRC12両国 UFC地上波放送
別冊ミルホンネット 戦極11両国 11・7北岡サンチアゴ陥落 徹底検証DREAM合体
週刊マット界舞台裏'09年10月08日号〜KO連発!神興業となった9・23戦極10 詳細
週刊マット界舞台裏'09年10月01日号〜高野山真言宗の石井慧独演会+泉浩衝撃デビュー
週刊マット界舞台裏'09年9月24日号〜石井慧vs.吉田秀彦戦決定の裏の裏
別冊ミルホンネット 戦極の威厳と憂鬱 8・2第九陣徹底検証レポート
別冊ミルホンネット 戦極REAL大全2009


【DREAM関係】
別冊ミルホンネット灼熱の格闘技DREAM NJKF 修斗パンクラス日本復権の狼煙と狼狽事情
別冊ミルホンネット仁義なき闘い IT'S SHOWTIME K-1 修斗 DREAM開幕 郷野ムエタイ優勝
週刊マット界舞台裏'11年10月06日号全日解禁ノア驚愕新日神戸夢地下

About

2012年09月29日 10:45に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「Archive厳選集6インリン様引退2008年前半 リアルジャパンSTRONG IMPACT NPW 別冊WNC REINAxWORLD 大日本最侠タッグ〜マット界舞台裏10月4日号」です。

次の投稿は「日本で活躍した外人レスラー ナンバーワンはやっぱりスタン・ハンセン!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。