« 御大アブドーラ・ザ・ブッチャーが無事大阪に上陸!『大阪プロレスハリケーン2010』 | メイン | 地元密着型の営業力は強いのか?『大阪プロレスハリケーン』は満員に »

岡村正史著『力道山――人生は体当たり、ぶつかるだけだ』(ミネルヴァ書房)が入試問題になった!

08.11.5rikidozanBook.jpg  岡村正史氏の『力道山――人生は体当たり、ぶつかるだけだ』(ミネルヴァ書房)が入試問題になった!

 昨年秋、帝京大学AO入試の「国語」に同書31〜35ページが使用されたもの。力道山と木村政彦を比較した一節が長文読解問題になったのだ。その一部を紹介すると、

「優れた格闘技術を持っていた木村政彦が、レスラーとしてなぜ光らなかったのか。(a)私は木村のプロレスに対するモチベーションがけっして高くはなかったのではないかと推測している。
問三 傍線部(a)の主な理由として著者があげているのは次のうちのどれか。最も適切なものを一つ選んで記号で答えなさい。
  ア 優れた格闘技術をもっているが、レスラーとしては光らなかったから。
  イ 相撲の世界では力道山は関脇止まりだったから。
  ウ 相手の技を受けて失神してしまえば、基本的には試合はそこで終わってしまうから。
  エ 家庭を支えるためなら、プロレスでなくとも構わなかったから。
  オ 得意の一本背負いさえあれば勝てると信じていたから。」

 プロレスに関する文章が入試問題になることはめったにない。受験生が真剣にプロレスについての論考に取り組んでいると想像しただけで、何か痛快ではないだろうか。なお、この問題の全貌は帝京大学のホームページにアップされているが、登録者限定で一般には見ることができない。念のため。


難攻不落の如きテーマは「力道山対プロレス」

ミルホンネット刊力道山関連書籍
タダシ☆タナカ『マット界の黙示録☆真正文化史 54年力道山〜沢村忠キックの誕生』
TOSHI 倉森『カリフラワー・レスラーの誇り』アンドレ・アドレーと力道山
週刊マット界舞台裏'07年8月07日号カール・ゴッチ追悼〜力道山とのトラブル
誰も書かなかったプロレス興行の仰天裏情報:昭和プロレスの裏側テ本プロレスと山口組

About

2010年02月11日 13:03に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「御大アブドーラ・ザ・ブッチャーが無事大阪に上陸!『大阪プロレスハリケーン2010』」です。

次の投稿は「地元密着型の営業力は強いのか?『大阪プロレスハリケーン』は満員に」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。