ピックアップ

wkbutaiura060-718

IGF北朝鮮 K-1MAXタイ延期本当の理由 TNA延命 WWEサマースラム 大日本3連戦…

マット界舞台裏8月28日号IGF北朝鮮K-1MAXタイTNA延命Sスラム大日本3連戦潮崎諏訪魔Teens  巻頭記事は『インターナショナル・プロレスリング・フェスティバルin平壌』の参加選手が発表されたことを受けて、タダシ☆タナカ記者…
詳細を見る

お知らせ/ニュース

おすすめ電子書籍

猪木は死ぬか!Digital Remaster井上義啓氏が亡くなられました。謹んでお悔やみ申し上げます。 【天の章】茫洋たる人の海であった。 ある感動が、耐えられない怒涛となって押し寄せる。 <短かったのであろうか> リングの下を、カラカラと風が吹き過ぎてゆく。 その上に―猪木はいた。 【活字プロレスの最高峰…

テレビが伝えなかったアリ猪木戦の裏の裏を暴く究極のシュート活字! 【極激辛!】 嘘でも信じたいという猪木信者様以下、これまで専門誌や権威のある雑誌のファンタジー活字しか知らない皆様には責任が持てません。脳天をハンマーでカチ割られたかのような衝撃が連続します。 【前口上】  76年6月2…

editorschoice

新着電子書籍

'14年09月04日号猪木離婚UFC丸藤Z1植田BJW和樹金本GENTARO流星仮面DEEP新日kick 今週のマット界、格闘技では9・20UFCさいたまスーパーアリーナ大会応援イベントとして美貌のミーシャ・テイトが来日したことか。もっとも記者が一番驚いたのは一般マスコミや芸能マスコミの数が凄かった点かも知れない。さすがに電通さんなのだ。しかるに…。  プロレスで一番笑えたのは、アントニオ猪木議員が三度…

'14年08月28日号IGF北朝鮮K-1MAXタイTNA延命Sスラム大日本3連戦潮崎諏訪魔Teens 8月30、31日に北朝鮮の平壌で開催する「インターナショナル・プロレスリング・フェスティバルin平壌」の参加選手が20日になって発表されたが、その遅さからしてドタバタ劇開始なのか?  6月21日の新日本プロレス『DOMINION』速報ブログでどこよりも早くはっきりと活字にしたように、憎き金髪アメリカンである程…

'14年08月21日号絶賛G1決勝検証Metamoris谷川貞治パンクラス広島せらリボン独占 日本の夏と言えば、プロレスファンにとっては『G1クライマックス』の熱戦ということになる。ましてテーマ曲のボストンが35年の時空を超えて日本への幻想飛行となれば、現在の新日のライブ客はここ数年でファンになった者が大半というデータがあろうが、初進出・西武ドーム大会のPPVを購入したというオールドファンも少な…

'14年08月14日号全日白石伸生PanDEEP安田忠夫M井上火祭り葛西純広島魔界錬闘会 新生・全日プロの本当の意味での試金石となる10月『旗揚げ記念シリーズ』の日程が発表。馬場さんの生地・新潟三条市を含むなど、王道回帰であることを全面アピールしているが、現在も支援を続けている白石伸生氏の周辺が慌ただしくなってきた。その実態は・・・  低迷を続ける格闘技界に目を向ければパンクラスとD…

'14年08月07日号TNA崩壊wweゴングJスヌーカJドーリングBellator大仁田Z1芝Reina長瀬館長 日本時間7月29日Jスポーツ生中継のRAWは、ステファニー・マクマホンの迫真の演技と大演説が最高!これでステフこそが夏の主役であることが確定して『サマースラム』の目玉は揃ったのだが、社運を掛けて舵を切ったWWEネットワークの不振が明るみに。なにしろ6月30日時点で70万件と予想を下回っている事実のみならず、7月…

'14年07月31日号PアーツwweEギルバート猪木ブラジルdeep新日kickW1-Z1IceRibbon 古い話で誠に恐縮ですが、昨年末のGLORY13でリコ・ベホーベンと感動的な引退試合を行ったピーター・アーツのことについて今週は触れることにします。GLORY13前後の本人のインタビューからすでに「私は本当は引退したくなかったけど、GLORYに引退させられた」と発言し、波紋を呼んでいるようですが、いったいどうなってい…

'14年07月24日号全日W1広島Z1火祭りwwe達人RiseBlade小笠原和彦BattleAid大仁田 7月12日、大阪府立体育館第二は800人を超える観客で満員。同日、舞洲アリーナにてWWE千秋楽があったことも思えば、新生への期待を込めてファンは集ったことになろう。しかし、サムライTVで中継されたように、挨拶に立った秋山社長は「ファンがスポンサー」だと発しており、裏を返せば資本支援がないままの嵐の船出を公言…

別冊107アメプロ聖典2014 TNA WWEシナ ワイアット レインズ 超人KENTA3連戦 アメプロ情報ダントツNo.1のマット界舞台裏取材班が贈る全387ページ、究極のアメプロ聖典、永久保存資料刊行。WWE LIVE日本ツアー三連戦の写真点数10000枚からの豪華グラフを交えた大会の全容と詳細完全網羅は無論のこと、圧巻の海外情報局アーカイヴからTNAやWWEのPPV大会にImpact、RAWのTVレポートと、濃すぎる百科事…

'14年07月17日号秋山全日W1両国USTREAM新日不安カナダTJS華名広島BLADEラウェイ 今週のマット界、今後に重大な影響を及ぼすであろうニュースがてんこ盛りなのだが、そのいずれもがタブーなりケーフェイの制約もあり、専門誌紙なりネットでも、核心部分が報道されてないというのが困ったことである。本当に知りたいこと、心から楽しめる電子書籍というのが『マット界舞台裏』のたたき文句になるが、ひ…

'14年07月10日号W1武藤WNC最終ReinaZ1リアルJ鈴木BミラーGlory日本閉鎖Pan安西 TNAが年間最大PPV大会の「BOUND FOR GLORY」を日本で初開催する件は、ニュースを扱う無料公開で報じている通り。ただし、現地時間6月25日からニューヨークで集中的にTV収録が行われたが、TNA-W-1提携発表のその日、真田聖也がXディビジョン選手権試合でベルトを失っている。にもかかわらず、時系列ではそのあとなのに、…

サイト内検索

お問い合わせ

武道プロレス格闘技
ファイト!見る本ネット
事務局サポート担当
メールでお問い合わせください
ページ上部へ戻る